こだわり

ごあいさつ

和菓子処
「人間国宝」「宮内庁御用達」その言葉に憧れ、
そんな職人になりたいと小さい頃から漠然と思っていました。 あるとき、テレビで宮内庁御用達の和菓子職人さんが、
工芸菓子の松を作っているのを見てこの世界に興味を持ちました。 千葉の『菓匠 白妙』(TVチャンピオンV5)の高橋弘光さんの元で
5年の修行後、故・長尾美樹夫氏の表現や感性に憧れ、
京都の『京菓匠 游月』へ入社。
息子の長尾真吾さんの元で11年、和菓子を見つめ直し、
満を持して地元熊谷での和菓子店の開業となりました。

京都での修行…

修業というのは、どの世界も同じだと思いますが、
話し方、返事の仕方、立ち方、食べ方、物の運び方など
細かく指導されます。
そうして、きちんとした社会人として成長していくこと
が修業だと思っています。
ただお菓子を作ること、仕事を覚えることが
修業ではありません。
人としての成長が、いいものを作る、
きちんとしたものを作る...
ということに繋がっているのだと思います。
IMG_0433

京都の和菓子

「楽しむ」ということだと思います。
お客様も楽しみますし、作り手も楽しみます。
京都はそのものをそっくりには作りません。抽象的な表現を好みます。
見ただけではよくわからないものも、その名前(菓名)を聞いて、考え、想像する。
目で見て、耳で聞いて、そこにそれぞれの世界が生まれる。
そんな和菓子の楽しみ方を皆さんと出来たら最高です。

お問い合わせはこちらから

営業時間:9:30~18:00 定休日:水曜日、年末年始

048-514-9214